洗顔方法から考えるニキビ対策

洗顔方法から考えるニキビ対策

ニキビ対策に有効なのが、毎日の洗顔です。ニキビは過剰に分泌された皮脂の分泌や角質が厚くなることで毛穴が詰まることで起こります。洗顔はこの過剰な皮脂の分泌を洗い流し、厚くなった余分な角質を取り除く効果があります。

 

正しい洗顔方法でケアすることが、ニキビ対策には非常に有効なのです。
クレンジングと洗顔は毎日行うものですから、正しい洗顔方法で行う事で、肌は必ず変化します。

 

顔を洗う前に、手を洗いましょう。手には多くの雑菌が付着しているので手を洗いましょう。
またメイクをしている場合は、必ずクレンジング剤などで、肌に付着している下地やファンデーションを落としておきます。

 

そして、水か、体温ほどの温かさのぬるま湯で素洗いします。
石鹸や洗顔料を適量とり、手の上でしっかりと泡立てて、額や目の周り、両頬、口周りの順番に、指の腹でクルクルと円をかきながら優しく洗います。

 

肌についた洗顔料を落とす際は、約30回ほど顔全体に両手で水をかけて泡を落とします。 肌をこすったりせず、36〜37度くらいのお湯や水を使用します。熱いお湯を使用すると、肌に必要な皮脂まで落としてしまい、肌が乾燥してしまい、皮脂が過剰に分泌されてニキビを悪化させてしまいます。また、髪の生え際やあごの下などは、洗顔料が残りやすい部分なのでしっかり落としましょう。
洗顔後は清潔なタオルで押さえつけるように水気をとり、保湿ケアを行いましょう。